派遣社員が履歴書を書く際には、派遣元と派遣先のバランスによって、どちらの社名を職歴にするかを決めます。

転職活動の合間に派遣でお仕事
転職活動の合間に派遣でお仕事

派遣社員の履歴書の書き方

転職活動の合間に派遣でお仕事
派遣社員だった人が転職を希望して履歴書を書くとき、職歴欄に派遣元の会社名を書くのか、派遣先の会社名を書くのかで迷うことがあります。転職サイトなどのアドバイスを見ても、派遣元説と派遣先説が両方あって、どちらとも結論が出ていないようです。ここで履歴書の目的にたちかえってみましょう。履歴書で嘘をついてはいけませんが、できるだけ自己アピールになる方法を考えるべきです。

履歴書は読みやすく書くことが大切です。派遣元が一つで、派遣先が複数あるときは、派遣元の会社名を書いたほうがスッキリまとまります。派遣先でいろいろな仕事をしたなら、その内容を職務経歴書に詳しく書きましょう。そうすれば複数のスキルが身についたことをアピールできます。ただし、細かすぎる職務は省いたほうがいい場合もあります。

派遣元が複数で派遣先が少ないときは、逆に派遣先の会社名を「○○会社経理部(派遣社員)」のように書きます。一社に長期間派遣されたことは、その会社に信頼されていたということですから、アピールポイントになります。注意する点は、派遣元と派遣先をごちゃ混ぜにせず、わかりやすくまとめることです。転職回数が多いことも、まとめ方次第でカバーできるでしょう。


Copyright(c) 2018 転職活動の合間に派遣でお仕事 All Rights Reserved.